notes

20180417


旅をすると、その街を流れる、川に出会うことがある。

川のあるところは空がひらけ、ぎゅっとした街中の風景をほぐすように、そのなかに一瞬に風が通り抜けるように感じる。

はじめての街でも、深く呼吸できるような、すごくほっとするような気持ちになる。

水のある場所として、海はそのきっぱりとした雄大さに、頭のなかをさっと一新して空にしてくれるけれど、同じ水の場所でも川には情緒がうまれる。

人を思い出し、その思いを柔らかにつつみこむ。

長い月日、川をながめ、川とともに育ったこともあって、旅先で川に出会うと、川が流れているこの街ならば、暮らせるかもしれないといつも思う。

こどものころの日々のなか培われた記憶があって、川は故郷なのだと思う。

いつもそこにあるたしかなものとして、なつかしく、親しく、つながっているように感じる。


永遠という時間があるような

先日教えてもらった、うつくしい曲。


By This River / Brian Eno


Here we are

Stuck by this river

You and I

Underneath a sky that's ever falling down, down, down

Ever falling down


Through the day

As if on an ocean

Waiting here

Always failing to remember why we came, came, came

I wonder why we came


You talk to me

As if from a distance

And I reply

With impressions chosen from another time, time, time

From another time