notes

20210205

2021.2.5


きっかけがあって、しばらくぶりに、この本を本棚から取り出してみた。

原書の題名は『Braiding Sweetgrass』

表紙の絵は、スイートグラスを編んだもの。


地とつながる、自然をみつめるひとたち。

感じることだけでなく、感覚のもうすこし先の、真理のようなものも見据えているような気がする。

わたしたちが、忘れかけているもの。


500頁ほどのずっしりとした本なのだけれど、すこしずつ読んでゆくと、うつくしい世界と出会う。

見えないものを手繰り寄せるように、またゆっくり読みはじめている。


ちょうど一年前にこの本を読み終えたとき残した言葉。



先に読んだ『オーバーストーリー』(リチャード・パワーズ)から、木に導かれ出会った本。


レシプロシティ。

自然のなかに学ぶ、その哲学。

地球(自然)と人間との間の互恵性。

利益でなく、伝統の儀式のなかにあったような、感謝や尊敬、責任。大きな世界をつなぐ環。


植物学者でネイティブアメリカンのロビン・ウォール・キマラーが、森の奥へ、消えかける時間へと誘ってくれる。


地で出会うもの、命の響きあいや、その生命の物語に、わたしも胸がいっぱいになる。

地球からの贈り物はとてつもなく大きく、そして、失ったものも等しいくらいに大きい。


「私たちは世界に、そして世界は私たちの中へと溢れ出すのである。」


関わり合う世界、生命の音が鳴っている。

その響きあいに耳をかたむける。

しなやかな語り、歌のように深い記憶に届く言葉が、ちいさな火を灯す。



(樹々は互いに魂でつながっている)